相手にもらったチャンスを活かせず公式戦連敗!投手陣も危機的状況に・・。【ゼットグランプリ2021】

相手にもらったチャンスを活かせず公式戦連敗!投手陣も危機的状況に・・。【ゼットグランプリ2021】

円陣

昨年関東大会出場を果たしたゼットグランプリ初戦。

しかし、今年のゼットグランプリ千葉県予選は昨年とは違い、クーニンズさんやトラバースさんをはじめ全国上位レベルの超強豪が勢揃い!!まあ昨年の千葉県予選の結果を見れば誰でも「東京よりも千葉県で出るほうがいいよね」と思うのは仕方ないでしょう。それでも2年連続の関東大会出場を目指すべく自分たちの野球をするしかない。

初戦のお相手は「Rossowave」さん。こちらも当然ながら数多くの大会で結果を残す強豪チーム。

今年も上を目指すべく挑んだゼットグランプリ初戦の結果は!?

試合結果

12345合計
ジャガーズ110002
Rossowave0031×4

試合経過

1回表
先行はジャガーズ。
初の1番を任された中山が四球で出塁する。続く河村はランナーを送れずもヒデが四球が選び1アウト1.2塁のチャンス。
ここで4番アニキが打ったセカンドへの鋭い打球がミスを誘い中山が一気にホームイン!

しかし、その後のチャンスで後続が内野フライを上げてしまい追加点ならず。
幸先よく先制したジャガーズだったが、いまいち押し切れず。

1回裏
先発は河村-シノバッテリー。
1アウトから四球でランナーを出すも、初スタメンのシノが魅せる!盗塁したランナーを自慢の強肩でタッチアウト!

織田
スピードのある送球&難しいショートバウンドをすくってナイスタッチ!
初回3つのアウトに絡む素晴らしい守備!

2回表
先頭のシノが四球で出塁すると、盗塁&浜田のしぶいライト前ヒットで0アウト1.3塁のチャンス。
しかし、ここでも後続が連続内野フライを上げてしまう。
2アウトから河村の叩いた打球が相手エラーとなり追加点を得るも、どうも完全流れを引きつけるような攻撃ができない。

初回と2回の攻撃がこの試合のポイントだった。相手のミスで得点できたとはいえ、内野フライは明らかに自滅。もっと得点できたはず。相手を助けてしまった。

2回裏
1アウト1塁から超珍しいプレーが起きる。
明け方まで飲んでおり、二日酔いでこの試合に望んだ「ドクター・ゲロ浜田」がファーストフライを落球!ゴールデングラブ賞を獲得した名手が何でもないフライを落球するとは。やはり酒の影響なのか・・!!
浜田の懲罰交代に監督の腰が上がりかけた瞬間、一塁のベースカバーに走った河村がすぐさまフォロー!
ランナーをタッチしてベースを踏み、超変則ダブルプレーに打ち取った!!

河村
よくぞランナータッチ→ベースタッチの手順でアウトにした!ナイスプレー!

3回表
2アウト1.3塁のチャンスを作るも無得点。

3回裏
自分たちの攻撃で上手く流れを掴めなかったジャガーズに最大のピンチ!
なんなく2アウトを取るも、2巡目に入った上位打線につかまる!
スリーベースヒットとセンター前ヒットで1点を失うと、3番バッターに2ランホームランを打たれあっという間に逆転されてしまう。

4回裏
4回に入っても河村がつかまり、須田へリリーフ。

河村の肘が限界を迎えていたことに気付かなかった監督も悪かった。申し訳ない。

ランナーを背負った状態でリリーフした須田は先頭を三振。最高の形でアウトにとる。

その後は叩きエンドランで失点はしてしまうが、1.3塁からシノキャノンも飛び出し、須田は持ち前の投球術で最小失点で乗り切った!

須田
ピンチの場面をよく最小失点で抑えた!
シノ
タイミング余裕のスーパー送球!

5回表
時間規定により5回にして最終回の攻撃。しかし、終盤の崖っぷちにこそ強いのがジャガーズ!!

先頭のヒデが四球で出塁し、アニキ・織田が三振に取られ2アウトとなるも、石井のヒット、シノの敵失で2アウト満塁!一打同点のチャンス!

しかし、最後をセカンドフライに討ち取られ万事休す。

ジャガーズはゼットグランプリ2年連続千葉県制覇を目指すも初戦敗退となってしまった。

今日のファインプレー

河村
ファーストフライ落球を帳消し$ダブルプレー!

シノ
あれは誰も走れない!シノキャノン炸裂!この日2盗塁阻止!

織田
初回シノのショートバウンド送球をうまく拾ってタッチアウト!

総括

この試合は攻撃に勝敗の差があったと思います。
失点はヒットとホームランなので防ぎようがない。ということは、それ以上に得点する必要があった。そして、得点できるチャンスは十分にあった。

特に初回の1アウト1.3塁と2回の0アウト1.3塁。ここで合計3つの内野フライ。
これは昨年からずっと言い続けてきたことだし、練習でもやってきたこと。それがまたできなかった。

もちろん各バッターがフライを上げたくて上げてるわけではないし、ミスショットの結果上がってしまったのかもしれない。
しかし、結果がすべての公式戦。内野フライを上げてしまったバッターのミスでしかない。あそこで叩けない・ランナーを返せないバッティングができなかった事実は変わらない。いくらなんでも3つは酷いと思う。

先制点を取って安心してしまったのか。たったの2点でセーフティリードを保った気になってしまったのか。
やはり取れるところでしっかり点を取っておかないとこうなってしまう。

最終回だって1点差と2点差では相手へのプレッシャー、守り方にも大きな違いが出てくる。

点の取り方が上手いチームの攻撃はこれまで何度も見てきたはず。
大会で上を目指すなら、同じような場面でヒットを打つためだけに打席に入るのではなく、得点を取るために打席に入って欲しい。

まだまだ先の長い課題になりそうですね。

トピックス

☆相手にもらったチャンスを活かせず
この試合は6四死球3エラーを相手からもらいました。しかし、それを活かした攻撃ができなかった。先程から言っているとおりこれが最大の敗因です。
逆に言えばアニキと河村は強いゴロを打ったからこそ相手のミスを誘って得点につながった。

☆最終回の粘りは素晴らしかった!
最後まで諦めない粘り。2アウト満塁を作ったことは素晴らしいと思います。
みんなの勝ちたい気持ちが全面に出ていた場面でした。

☆中継プレーのミス
ランニングホームランの中継プレーはきっちりこなせばホームのタイミングはわからなかったと思います。もっと際どいタイミングには持っていけたはず。
センターからホームまでのラインが全く直線になってなかったです。織田のバックホーム以外の送球も良くなかった。

☆体調が悪ければすぐに言うこと!
特に投手陣。
ベンチから見ていても、肩肘の状態がどこまで厳しいのか判断することは難しいです。
責任感もあるだろうし、投げたい気持ちがあるののもわかるけど、故障したら大好きな野球ができなくなってしまいます。
どんな試合のどんな場面でも、辛くなったらすぐにベンチへ合図を送ってください。

☆試合後のメシ
負けた直後とはいえ、試合後みんなで食べるラーメンもいいですね。
時間帯によってはまたみんなでランチ行こう!

写真ギャラリー

河村アップ
織田キャッチボール
中山キャッチボール
原田キャッチボール
篠崎キャッチボール
今井キャッチボール
将吾キャッチボール
河村ピッチング
ランナー
織田ショート
鳥井バッティング

ブルペン
原田
石井
鳥井
中山
ヒデ
アニキ
織田
原田車

新規入団メンバー募集中!

ロゴ
☆DBチャレンジカップ2021プロスタ進出@神宮球場

・公式戦で全国大会や関東大会を目指したい選手
・高校野球or大学野球の経験者
・実力に自信のある選手
・何歳になっても野球が上手くなりたい選手
・楽しく本気で野球がしたい選手 など

お気軽にご連絡ください(^^)

試合結果カテゴリの最新記事